地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」

中学生がつくるページ

H25 社長としての立ち回り方とは(千城台西中)

entrepreneur体験記~

起業体験講座について

未来を担う子供達にアントレプレナーシップ(起業家精神)を持ってもらい、ものづくりの楽しさや先端技術にたくさん触れてほしいとの考えのもと、若葉区にある東京情報大学と千葉市による共催で講座が開かれました。
中学生たちが若葉区民まつりや千城台の商店街を舞台に地域の課題を把握し、商店街をはじめとする地域住民、企業等からのアドバイスや大学生のサポートを受け、経済の仕組みや働くこと、地域社会との関わり等について学習しました。
制作担当生徒:千城台西中学校 長島君

起業体験講座に参加した理由

社長になりたい!
その一心で……

最も楽しかったこと&苦労したこと

資金獲得に向けて、交渉中……
資金獲得に向けて、交渉中……
やはり一番楽しかったのは、金融機関との交渉です。自分たちの事業計画をプレゼンすることで資金が獲得できたので、達成感もありましたが、お金をもらったからにはその分頑張らなければならない、という気持ちにもなりました。

皆さん、将来に向けてプレゼンテーション能力を磨きましょう!
きれいなお姉さんが説明してくれました
きれいなお姉さんが説明してくれました
他の団体が区民まつりで販売するものについて教えてもらいました。

来たる霜月、若葉区民祭り

祭の前には市長が挨拶しにきてくれました。
祭の前には市長が挨拶しにきてくれました。
11/3(日) 区民祭り本番。

本番になってのハプニングもありましたが、適宜判断を下すことで対応することができました。
タピオカ作りに勤しむ、面々
タピオカ作りに勤しむ、面々

品切れになったこともあったケドネ……

感想

会社の最重責、社長。
まざまざとその責任の重さを感じた4日間でした。
社員の統率に始まり、金融機関へのプレゼンテーション、商品の準備、販売本番。どこにも必要となる「社長の判断」に悩むこともありましたが、その苦悩が自分の糧になっていることは話すまでもありません。

今一度、振り返りこのページを作成していると、この体験の貴重さが身にしみてきます。本当に参加することができてよかったです。