地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」

中学生がつくるページ

H25 支えられて成り立つ企業(千城台南中)

起業体験

起業体験講座について

未来を担う子供達にアントレプレナーシップ(起業家精神)を持ってもらい、ものづくりの楽しさや先端技術にたくさん触れてほしいとの考えのもと、若葉区にある東京情報大学と千葉市による共催で講座が開かれました。
中学生たちが若葉区民まつりや千城台の商店街を舞台に地域の課題を把握し、商店街をはじめとする地域住民、企業等からのアドバイスや大学生のサポートを受け、経済の仕組みや働くこと、地域社会との関わり等について学習しました。
制作担当生徒:千城台南中学校 山田さん

起業体験講座に参加した理由

もともと気になっていて、興味の範囲内ではありましたが
友人に誘われて参加することを決めました。

最も楽しかったこと

一番楽しかったのは、最終日の区民祭りです。

私は主に接客を担当したのですが、お客様ひとりひとりと触れ合うことができ、とても楽しかったです。

また、二日目の(何を売り出すかという)話し合いでは、個性的な意見がたくさん出て
他中のメンバーとも仲良くなれてよかったです。
当日の区民祭りの様子。

最も苦労したこと

これもまた、当日の区民祭りです。

接客業は常に笑顔でお客様と接することが大事だということは知っていましたが、実際に仕事をしてみると、とても大変だったことを今でも覚えています。

社長(長島君)のプレゼンテーション

「起業する」ということについて感じたこと

「起業する」ということは決して一人の力で出来ることではありません。

周りの人やお客様に支えられて、初めて成り立つものだと思いました。
企業には大変なことや、シュールな面もありますが
それでも、売り上げが出たときの嬉しさに勝るものはないと思います。

感想

最初は「起業」というもの自体、漠然としていましたが
メンバーをはじめとした多くの人たちに支えられて、最後までやり通すことができて嬉しく思います。

起業はとにかく大変です。

それでも、やりきったあとの達成感は今でも忘れられません。

この度はこのような貴重な経験ができる場を設けてくださり、本当にありがとうございました。