地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」

中学生がつくるページ

H26 起業体験に参加してみて~アップル in 餃子の皮~

制作生徒:千城台南中学校 四海さん 岡田さん 梶村さん

起業体験講座について

未来を担う子供達にアントレプレナーシップ(起業家精神)を持ってもらい、ものづくりの楽しさや先端技術にたくさん触れてほしいとの考えのもと、若葉区にある東京情報大学と千葉市による共催で講座が開かれました。
中学生たちが若葉区民まつりや千城台の商店街を舞台に地域の課題を把握し、商店街をはじめとする地域住民、企業等からのアドバイスや大学生のサポートを受け、経済の仕組みや働くこと、地域社会との関わり等について学習しました。

参加しようと思った理由

去年、起業体験に参加した先輩が「いい経験になったし、楽しかった!」と言っていて、「やってみたい」と思い参加しようと決めました。
私は、料理が好きですし、アイデアなども色々浮かんでいたのでこの起業体験で自分の持ってるアイデアを販売できたらなと思い参加を決めました。
去年、先輩達が区民まつりに出店してるのを見て、私も自分たちの力で出店してみたいと思ったからです。

1日目

講演会に参加して「起業体験を行うためには、どうしたらよいのか?」ということで始める前に説明を聞きました。
その後、チーム決め・会社の名前・社長決めをしました。

2日目

和菓子屋の社長さんには見えないような…<br><br>
和菓子屋の社長さんには見えないような…

2日目は投資家の方から出店のための資金を獲得したり菓子庵いずみ野の社長林慎也さんにお話を伺いました。

社長さんからは「お金儲けのためではなくお客様の笑顔のために」仕事をする大切さなどたくさん仕事に対する姿勢というものを学びました。
資金獲得では使う器具や材料(食べ物など)の値段を計算して投資家の方に交渉しました。値段の計算はとても大変でしたが投資家の方から資金の獲得に成功したときはうれしかったです。

3日目

3日目は、買出し・試食作りをしました。
まず、買出しは、ラ・パークにいきました。
奥が餃子の皮アップルパイで、<br>手前が、餃子チップスの作ってる風景です
奥が餃子の皮アップルパイで、
手前が、餃子チップスの作ってる風景です
次に、試食を作りました。
作ったのは、餃子の皮アップルパイと餃子チップスです!!
出来上がり!!
出来上がり!!

4日目

起業体験最終日は、私たち3人は部活の大会があったため、残念ながら参加出来ませんでした。
ほかの生徒に若葉区民まつりでの販売を任せる予定でしたが、天候のせいでまつりが中止になってしまったため、お店を出すことはできなかったとのことです。

感想

私は、起業体験に参加してみて、最初は「やってみようかな」という感じだったけど実際に体験して、買うもののお金を計算したり前日にお買い物に行ったりと、とても大変なこともあったけど普段体験できないことがたくさんあり最終的には、「やってよかった!」と思えました。また、起業を起こすということはたいへんなんだとあらためて思うことができました。情報大学の方々や、若葉区役所の方々が、わからないことなどをフォローしてくれたりしたおかげで、楽しく参加することができました。
四海
私は、起業体験をやって、〝起業する〟という事がどんなに大変かなどを学びました。
自分たちの手で会社を作るというのは、すごいことだと思いました。
岡田
思っていたよりもたくさんすることがあって、とても大変なんだと思いました。簡単ではなかったけれど苦労しても出店するという楽しみがあるので頑張れました。
初めて参加してみて起業することの大変さ、楽しさなどをたくさん学ぶことが出来ました。また参加する機会があれば参加したいです。
梶村