地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」

中学生が作るページ

千葉都市モノレール(大宮中学校)

制作担当生徒:大宮中学校 山﨑君

僕がモノレールについて調べた理由は、親が千葉モノレールで働いていて普段から気になっていたのと、いつも利用しないモノレールについて興味があったからです。
このページの内容については2012年作成時点のものです。

1 千葉都市モノレールの車両について

【車両全般】

●千葉都市モノレールは、箱形軌道桁の中に車輪、台車、主電動機等の走行装置が組み込まれ、車輪にはゴムタイヤを使用していて騒音や振動がほとんどありません。
●曲線の多い路線でも、懸垂リンクの作用で車両の横振れが少なく、案内輪の作用により小さな揺れを防止できます。
●鋼製支柱で設置余裕幅が狭いので、道路幅はあまり広く必要としません。
●支柱、桁が工場製作なので、工期が短く、周辺道路への影響が少なく施行できます。
●走行路面が軌道桁で覆われているので、雨や雪など天候の影響を受けません。

【車両外装】

●車両の外観は、シルバーボディをベースに、当社のシンボルカラーであるコバルトブルーとスカイブルーのラインカラーを車両側面と底面に配しています。
●3次車より行先表示器が字幕方式からLED方式となり、車体側面にも行先表示器が設置されました。
●開業以来、同一のデザインを守ってきましたが、平成12年より車体広告(ラッピング広告車)を開始し、一風変わったデザインの車両も運行しています。
●また、平成20年には開業20周年を記念して、当社のキャラクターをデザインした「モノちゃん号」を運行しています。

【車両内装】

●車内はロングシートで構成されております。       ●なお、2次車以降の車両では、運転室
●シート地はリニューアルを行い、              のすぐ後ろの座席を撤去し、1編成あたり
赤紫色の花柄シートになっています。            2か所の車いす対応の多目的スペースを
また、側窓を多くして、明るい車内を演出し         設けております。
ています。

【ラッピング車両】

☆動物公園号 2004.07.01~
☆動物公園号 2004.07.01~
☆ちーばくん号 2012.04.10~<br>
☆ちーばくん号 2012.04.10~
☆コープ号 2012.02.10~
☆コープ号 2012.02.10~
☆ハーベストガーデン号 2012.06~
☆ハーベストガーデン号 2012.06~
☆福祉のしごと号 2011.10.01~
☆福祉のしごと号 2011.10.01~
☆人権号5 2012.04.01~
☆人権号5 2012.04.01~
☆千葉デザイナー学院号 2011.1.1~
☆千葉デザイナー学院号 2011.1.1~
☆消費生活センター号 (3本) 2010.01.01~
☆消費生活センター号 (3本) 2010.01.01~
☆JCN号 2006.10.02~
☆JCN号 2006.10.02~

新型車両 URBAN FLYER 0形

臨海都市の背景に広がる深淵なる空と、その年空間を散歩するように移動することができる世界最長の懸垂型モノレール。
千葉市が世界に誇れる都市イメージは、モノレールと空が織りなす日常風景そのものにあります。
新型車両「URBAN FLYER(アーバンフライヤー)」は、こうしたイメージをメッセージとして伝えるため、「空(そら)」をデザインコンセプトとして、車両の外観、室内デザイン、シンボルマーク、車両ネーミングのデザインを行っています。
外観デザインは、先頭部を斜めにカットしたウェッジラインと、鮮やかなブルーが特徴です。シャープな印象を与えるウェッジラインは、新型車両の先進性と空への上昇感を表しています。また車体色のブルーは、デザインコンセプトである「空(そら)」を都市イメージの象徴として表現した色です。空を表現した鮮明なブルーの車体に、月星紋をアレンジしたシンボルマークと飛行機雲をイメージした白いストライプをさわやかに配しました。
座席はホールド感を高めたセパレートタイプのハイバックシートを採用。
シートが浮いて見えるカンチレバー構造で軽やかに空間を演出しています。
また、スタンションポールは、寄りかかりを配慮したパッド付としています。
運転室とのパーティションをはじめ、車椅子スペースや乗降扉の下部など、ガラスエリアを極力設けることで、先頭部の眺望性を高めました。
従来の車両にくらべ、開放的で明るい空間となっています。
車内は空中散歩(浮遊感)を楽しめるよう、従来車両に比べてガラスエリアを広く取りました。運転室の一部にはガラスの床面も採用しています。新型車両は眺望をより楽しめる、明るく開放的な空間となっています。先頭部には車椅子スペースを用意し(1編成あたり2箇所)、バリアフリー対策も充実させています。
運転室内の床面も一部ガラス化。懸垂方モノレールならではの眺望が楽しめます。
優先席ゾーンは、親しみやすいオレンジ色でエリアの差別化を図っています。また、両妻部にはガラスや木目を取り入れ、移動空間としての質感を高めました。

2 お得なきっぷ・特典について

【ホリデーフリーきっぷ】

・発売金額 
 大人600円 小人300円
・発売時間 終日販売(駅窓口は6:00~21:00)
・有効期間 発売日当日の1日限り有効

☆ご利用日
土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始及びゴールデンウィークの期間。それぞれ一日全線乗り放題。

★特典 
1.使用済みの「ホリデーフリーきっぷ」を10枚貯めると1枚プレゼント!
2.提携施設で割引が受けられます。詳しくはこちら→千葉モノレール

【2-DAY フリーきっぷ】

・発売金額 
 大人1,000円 小人500円
・発売時間 終日販売(駅窓口は6:00~21:00)
・有効期間 発売日当日と翌日の2日間限り有効

☆ご利用日
土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始の期間及び ゴールデンウィークの期間。それぞれ2日間連続で全線乗り放題。

★特典 
1.使用済みの「2-DAYフリーきっぷ」を10枚貯めると1枚プレゼント!
2.提携施設で割引が受けられます。詳しくはこちら→千葉モノレール

【お昼のお出かけフリーきっぷ】

・発売金額 
 大人600円 小人300円
・発売時間 10:00~18:00
・有効期間 平日の朝10時~18時乗車まで有効

☆ご利用日 
平日ご購入日の有効時間内に限り全線乗り放題。

★特典 
1.使用済みの「お昼のお出かけフリーきっぷ」を10枚貯めると1枚プレゼント!
2.提携施設で割引が受けられます。詳しくはこちら→千葉モノレール

「フリーきっぷ」の発売

     フリーの種類           販 売 駅           発売時間           
   ホリデーフリーきっぷ                        始 発 ~ 終 電
   2-DAYフリーきっぷ          全駅で販売    (駅窓口での販売は6:00~21:00)
   お昼のお出かけフリーきっぷ                     10:00~18:00
※注意!
「ホリデーフリーきっぷ」及び「2-DAYフリーきっぷ」の平日発売は行っておりませんのでご注意ください。

【回数乗車券(回数券)】

普通片道運賃10枚分のお値段で11枚お使いいただけます。ご乗車になった駅から切符に表示されている運賃の区間までご利用いただける「発駅フリー」の金額式回数券となっています。切符は、複数の人で別々にご利用になることもできます。

●お値段=片道普通運賃の10倍(大人用と子供用がございます。)       
 普通運賃表はこちら→千葉モノレール
●有効期間=3ヶ月
●発売駅=各駅の券売機
【使用例】大人190円区間の回数券なら!(金額1,900円)
 ・あるときは…千葉みなと駅から千葉駅までご乗車
 ・またあるときは…千葉駅からお友達と二人で県庁前までご乗車、使い方は様々です。 

最後に

以前よりいろいろとかわっててラッピング車両とかおもしろいものがあったり、自分が千葉モノレールを担当して初めてわかったことがたくさんあったりして、将来のためにも役立つのでよかったです。新型車両のURBAN FLYERにもぜひ乗ってみたいです。

2012/12/11