地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」

中学生が作るページ

ごみ(大宮中学校)

制作担当生徒:大宮中学校 畠山君

このページの内容については2012年作成時点のものです。

千葉市のごみ

「焼却ごみ1/3削減」キャラクター<br>へらそうくん<br>
「焼却ごみ1/3削減」キャラクター
へらそうくん
僕は、なぜごみについて調べたかというと、普段僕がごみを出す時、ごみの分別の仕方に迷ってしまうことがあります。
同じように迷ってしまった人に、このホームページを見て役立ててもらえたらいいなと思い調べてみました。

ごみの種類(分別)

ごみの分別の種類には、可燃ごみ、不燃ごみ、資源物(ペットボトル、缶、びん、古紙、布類)、有害ごみ、粗大ごみがあります。

千葉市のごみの分別のルール

①きちんと分別して出す。
②地域で決められたごみステーションに出す。
③収集日の早朝から朝8時までに出す。
④決められた容器で出す。

☆皆さんは、ごみを捨てようとしたとき、これはなにごみ??と考えてしまったことはありませんか?

僕は、千葉市のホームページで(ごみ分別辞典)を見つけました。活用してみてはいかがですか?
ごみ分別事典はこちら↓
ごみ分別事典はこちら↓

千葉市は今、~挑戦!焼却ごみ1/3削減~に取り組んでいます。

ごみを10万トン減量することで古くなった清掃工場の建て替え費用等、約200億円が削減できます。
皆さんもぜひご協力ください!!
①必要以上のものは買わない!
②マイバッグを持って買い物に行き、レジ袋も断ろう!
③残ったものを無駄なく使おう!(再使用)
④生ごみを堆肥にしてみよう!(再生利用)

○大宮台のごみの出し方一覧表

僕の住むまち、大宮台のごみの出し方について調べてみました。
僕からの一言ポイントも入れてみました!

ごみのその後

これがごみが回収された後の量です。(クリックするとPDFファイルが開きます)

北谷津清掃工場に行ってきました!

僕は、この間若葉区の区役所の方々と一緒に、北谷津清掃工場に行ってきました、見学に行った感想を書きます。

そこでは、計量機というごみの重さを量るところや、プラットホームというごみ捨てる場所がありました。緑色の所で、車が停車してごみの量を計り、帰るときにも重さを計って行きと帰りの車の重さの差が、ごみの重さです。

会議室での質問

プラットホームでの質問

プラットホームでのごみの説明

焼却炉での説明

中央制御室での説明

北谷津清掃工場の感想

僕は、北谷津清掃工場にいって、わかったことがあります。それは、皆さんが分別しないと回収された後は、誰も分別しないので最終的にプラットホームというところで、いろいろなごみがまざってしまいます。そうすると焼却炉で有害な物質が発生します。だからぼくは、家で分別しようと思いました。皆さんも、工場の人たちのことを考えて、是非分別してください。また、ごみ削減1/3に取り組んでいて、ごみが1/3削減されると10万tにつき、200億円も儲かります。一人一人がごみを削減したら福祉などに使えるのでしっかりと皆さんに、ごみをリサイクルしてほしいと強く思いました。それと、今回北谷津清掃工場に、引率してくださった若葉区役所地域振興課の齋木さんと小檜山さんに、とても感謝しています。二度と行く事がないかもしれないので、とてもいい経験になりました。

2012/12/11