地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」

中学生が作るページ

H24 公文千葉DCでの職場体験~公文千葉DCを知ろう!~

制作担当生徒:大宮中学校 秋戸さん

このページの内容については2012年作成時点のものです。
私達は、職場体験で公文千葉DCに行ってきました。

私は昔、公文に通っていたことがあり、その時使っていた教材が
どのように送られてきているか気になったので
くもんを希望しました。

公文千葉DCとは、皆さんご存知「くもん」のテキストや問題集を「くもん」までおくる作業をするところです。店頭からかえってきた本を種類ごとに仕分けしたり、テキストを包装して箱詰めをしたりといろいろな作業ごとにグループわけしてあるので、種類ごと紹介したいと思います。
公文千葉DCは倉庫のようになっていて、第一倉庫、第二倉庫でわかれています。

第一倉庫は、AからFに部屋がわかれていて、A,CからFは保管スペース、Bは作業スペースです。

第一工場 B作業スペース

種類わけされている仕事は、
通販 法人 MIND 返本仕分け 改装 
の5つあります。

通販

一般へ送ります。

法人

会社(トイザラスとか)へ送るための作業をします。

Baby kumon

最近始まった0、1、2歳のための、新しいKUMONです。
毎月送るBaby KUMONセットを送るための作業をします。

MIND(日本公文)

全国公文へ送るための作業をします。

MIND(推薦図書)

くもん出版じゃない、おススメの本を送ったりするための作業をします。

MIND(イー・ペンシル)

皆さんご存知、イー・ペンシルを送るための作業をします。

返本仕分け

返品されたものの仕分けをします。

改装

返品されたものを、きれいにします。
私達は、第一倉庫のほとんどの作業を体験しました。
送り先が書いてあるシールを貼ったり、数をかぞえたりなど
いろんな仕事をしましたが、特に楽しかったのがBaby KUMONの箱詰めです。

どの作業もコツを見つけて、めちゃくちゃ速く作業ができるくらい
極めることが、とても楽しかったです。

第二倉庫

第二倉庫は、自動倉庫になっています。
大きな機械が、すごくかっこよかったです。

安全衛生会議

安全衛生会議とは、月に1回 危険な場所などがないか、
消火器が決まった場所にあるか点検し、危険な場所などがあったら
どのようにすればよいか改善策を話し合う会議です。

感想

 職場体験で、仕事はいろいろな役割の仕事がすべて協力しないとできないということがわかりました。公文の仕事も、すべてがつながっていたので、どこかが手をぬいたら成り立たないとわかりました。
 私が行ったのは、たった3日間だったのですが とてもつかれました。
大変な仕事をしていても、文句ひとつ言わないみなさんはすごいなぁ~と思いました。
本当に良い体験になりました。
私は、公文での職場体験でいろいろなことを学びました。
仕事をすることの大切さ、諦めない事が必要だということを知ることができました。冷静に考えてみると、この職業で人生を生きていくわけなのであきらめたりすることはできないのです!!今からこういうことを考えておくことはいい経験になりました。

2012/11/06