地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」

中学生が作るページ

H24 大宮学校給食センターでの職場体験

制作担当生徒:大宮中学校 江尻さん

このページの内容については2012年作成時点のものです。
若葉区学校給食センターに職場体験に行きました!

調理や検収作業などを体験させていただきました。
やったこと、楽しかったこと、大変だったことなどを書きます。

身支度

身支度というのは、検収作業や調理など、やる事によって白衣や靴などが
違うので、着替えることです。
マスク→帽子→白衣→ころころ(ごみを取る)→エアシャワー→
手洗い→消毒→靴の消毒
の順番です。休憩をはさんで、違うスペースに入るたびに着替えるので
たくさんやりました。

検収作業

検収作業してるところです。
検収作業してるところです。
明日使う食材を確認する作業です。
調べる事は、
・温度  ・数  ・量  ・賞味期限
・製造日  ・会社
などいろいろあります。
三人でやっても結構かかったのに、
いつもは一人でやるらしく、
次々食材が来るのでなかなか大変でした。

献立作成

パソコンのソフトを利用しています。
パソコンのソフトを利用しています。
献立をバランスは悪くないか、栄養は
足りているか、見た目は悪くないかなど
気にしながら作りました。
作った献立は、12月に出るそうです。

下処理

こまつながたくさんあります。
こまつながたくさんあります。
野菜などを洗って置いたりする作業です。この日は小松菜でした。
三段階で洗います。結構土などがついていました。八分の一しかやっていないのに、かがんでやっているので、腰がすごく痛くなりました。

食器洗い

たらいにぎっっしりスプーンが入ってます。
たらいにぎっっしりスプーンが入ってます。
この日はスプーンでした。
大量のスプーンをひたすら軍手をつけて
洗って、40本にまとめて、入れ物に入れます。
気が遠くなるほどたくさんありました。

調理の見学・体験(かぼちゃスープ)

こしょう入れてます。多いです。<br>隣の人が持ってるのは、混ぜる棒です。140cmくらいあります。
こしょう入れてます。多いです。
隣の人が持ってるのは、混ぜる棒です。140cmくらいあります。
調理の体験をしました!其の日の献立はかぼちゃスープでした。
釜がものすごーーく大きかったです。
野菜や調味料を入れるときも、見たこともない量です。
かき混ぜるのも大変でした。

試食もしました!!!

かぼちゃスープ食べてます。
かぼちゃスープ食べてます。
ちゃんとしょっぱすぎないかとか、おなかが痛くならないかとかの確認をします。
できたてなので具材が固めです。
運ぶときもあつあつなので余熱が通ります。
おいしかったです!!!

調理体験(あげもの)

難しかったです。暑い!危ない!
難しかったです。暑い!危ない!
フライドチキンの揚げ作業の体験もしました。
揚げ物の容器がすごーくでかいです。
三人ぐらいで繰り返しひっくり返します。とても難しいです。
そしてすごく暑いです!!!!!
揚げ物が出る日は、その担当の人は一日中揚げ物室にいます。とても大変です・・・

残菜の軽量、記録

バーコードに苦戦してます。
バーコードに苦戦してます。
食缶についてるバーコードを機械で読み取ります。(スーパーにあるようなやつ)
こつがあって、それをなかなかつかめなくて大変でした。
てきぱきできません。
しかも次々来ます!!!
大量にあります!!

感想!!!!(と印象に残ったこと)

給食センターは衛生管理にとても気をつけていました。たとえば、白衣や帽子を着なかったり、アルコールで手を消毒しないとセンサーが反応しないので、調理室に入れません。
また、給食センターで働く人は定期的に検便をし、異常がないように検査します。毎日の健康診断も、たとえば風邪をひいてないか爪がのびてないか手に傷がないかなど、チェックを必ずします。私たちもしました。
給食センターでやったことは全部大変だったけど、私的には献立作りが一番大変でした。
最初作りたいものを考えて、改良に改良を重ねて、見た目にも気をつけて、栄養もPCのソフトを使って足りているかしらべて、ようやく献立が完成します。結果、私たちの献立はとても地味なものになりました。だけど、栄養やバランスがものすごーくよかったので栄養士さんに「いいね!」といわれました。嬉しかったです。作った献立は12月あたりに出るそうです。
給食センターの職員さん、栄養士さん、忙しいのに体験をさせていただきありがとうございました!!!

2012/12/11