地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」

中学生が作るページ

H26 養護学校との交流3 <中等部クラフト班>

制作担当生徒:大宮中学校 露崎君

このページを作ることになった露崎です。ここでは、僕が行った中等部 クラフト班のことや、お別れの会について書きたいと思います
*養護学校との交流の1と2は、ほかのページにあります。もし見てなかったらぜひ見てさい。

~中等部クラフト班~

僕は中等部のクラフト班に体験へ行きました。

この班に希望した理由は、物を作るのが好きだったし、中等部だから、みんな年が同じくらいの人だと思ったからです。

作業学習1日目

クラフト班では、革を使ってストラップや小物入れ等をつくっていました。

1日目はニス塗りや革の型抜きをしました。

ニス塗りでは、元々くり抜いてあるデコレーション用の革に、ニスを塗りました。色々な色があり、きれいでした。革の型抜きは、大きな革の上に丸い穴が開いている金属の型を置いて、ハンマー(?)で叩いて、くりぬく作業です。結構力が要り、大変でした。

話を聞いたら今作っている物がちしろまつり(バザーのようなもの)のときの商品になるそう…頑張らないと。

作業学習2日目

作業の様子
作業の様子
2日目はニス塗りとちしろまつりの商品になるストラップ作りをさせてもらいました。

ストラップはパーツを組み合わせて作るタイプの物で、好きなデザインで作る事ができました。

後、最後に販売練習をしました(僕は客役で)。見てみると色々な商品があって、ちしろまつりに行きたくなってしまいました(ケド僕はその日授業参観で…)。
作ったストラップ
作ったストラップ

~お別れの会~

合唱の時の様子
合唱の時の様子
班ごとの挨拶を終えた僕たち(養護学校の人たちも)は体育館に向かいました。そこで、「お別れの会」をしました。

ふれあいの会」(詳しくは養護学校との交流1<高等部園芸班>で)同様、作業班ごとに並び、養護学校の生徒会長や先生の話を聞きました。

その後、大宮中から「歌」をお礼として歌いました。歌った歌は交流会のちょっと前にあった合唱祭のために練習していた「夢の世界を」という歌です。歌い終わった後、養護学校の方たちが大きな拍手をしてくれたので、とてもうれしかったです。

交流学習の感想

行く前は色々と不安なこともあったケド、養護学校の人たちはみんなにぎやかで、作業班も明るい雰囲気でとても楽しく、勉強にもなった交流学習でした。僕もこれを機会に色々な人とふれあっていきたいと思いました。

来年、ちしろまつりの日が空いていたら、行ってみたいです。

追記 後日、大宮中学校で養護学校のお土産の抽選会をやりました。リースやポプリ、僕らが作ったストラップ等がありました。僕は何も当たりませんでしたが(ぼそっ)。

2014/11/19