地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」

中学生が作るページ

H26 安心して歩ける歩道に

制作担当生徒:大宮中学校 伊藤さん

『調べた理由』

今私たちは総合の授業で暮らしやすい社会の学習をしています。障害のある人、お年寄り、幼児など皆が暮らしやすい町を考えています。私はいつも登校途中に歩道を歩いていてボコボコしていて歩きにくいと思っていました。そこで私はこれを直せば、歩きにくい歩道が歩きやすくなり、つまずく人もへり、足が不自由な人などでも歩きやすくなると思いこのことを調べようと思いました。

どこらへんがボコボコなのか?

この下の地図は、ボコボコしていた歩道です。ここの歩道は、大宮台3丁目のセブンイレブンの近くの歩道で私たちの通学路になっています。

歩道が直されていた!

なんと、私がこれを調べようと思っていたら、学校が休みで、歩道を通る人が少ない休日や祝日に、ボコボコしていた歩道を直す取り組みが行われていました。

歩道が平らになって!

この写真は、ボコボコしていた歩道を平らに直した写真です。歩道を平らにする事によって歩きやすく、つまずく人も減ると思うのでよかったです。あと、足が不自由な人や目が見えない人でも安心して歩けるようになったので、よかったです。

なぜその取り組みが行われたのか?

この取り組みは、地域の人が直して欲しいと市役所に頼み、確かに危ないと判断して直すようになったそうです。今回は、このような理由で直されましたが、他に若葉交通安全総点検というものもあるそうです。それは、地域の人たちなどで、歩道や道路が危なくないかチェックしてそのことについて話し合い、意見やアイディアをまとめて出した改善点を直していくという取り組みです。

『交通安全総点検』とは・・・

『交通安全総点検』とは、地域住民や道路利用者の主体的な参加のもと、道路を利用する上での日ごろの問題点や課題を現地で点検・確認し、行政と住民など地域が一体となった取り組みを通じて、誰もが安心して利用できる道路環境づくりを行うために実施するものです。

1 迷惑な違法駐車や、狭い歩道をふさぐ障害物・・・。日頃利用している道路には、いろいろな問題点や課題が見られます。

2 お年寄りや障害者が安心して利用できるよう歩道のバリヤフリーの点検や、通学路・交通事故多発地点の点検など、道路の利用者の視点から『みち』を見つめなおします。

3 点検終了後には、参加者でミーティングを行います。話し合いの中からでた意見やアイディアを整理・分析し、地域の皆さんと共に効果的な改善方策を検討します。

4 地域の皆さんの協力で、”ひと・みち・くるま”が調和した、安全・安心な『みち』へと生まれ変わります。

感想

私は、このページを作ってみてこのように歩道などいろいろな所を直す取り組みをしているんだなぁと思いました。あと、このように調べてみると地域の自治会や区役所などが、いろいろどうやって取り組んでいるかなどがわかっておもしろかったです。また、このような機会があったらいろいろ調べてみたいと思いました。

2014/11/19