地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市若葉区の地域情報サイト「まいぷれ」

中学生が作るページ

☆ 高齢者が歩きやすい工夫 ☆

12班・川代・長妻・石川

調べた理由

 私たちは、障害のある方のための工夫はたくさん知っていますが、高齢者の方のための工夫はどんな物があるのか疑問に思ったので調べました。高齢者は、足が弱ると若者のように歩けません。そこで、高齢者の方が歩きやすい工夫について調べました。

手すりの工夫

クネット
クネット
 私は、手すりの工夫がないか調べました。まず見つけたのは、クネットです。従来の手すりはまっすぐで握る時の手首が不自然で不安定です。また、強く握りにくく滑りやすいです。
ですがクネットは、上る時は手すりの垂直な部分を引き付けて楽に移動ができます。また、下がる時は手すりの水平部分に体重を乗せてひざの負担を軽減できます。また、まっすぐな手すりと比べて手首の角度が自然なので握りやすく、滑りにくいです。
可動式の手すり
可動式の手すり


これは、可動式の手すりです。トイレなどの狭い所などで使います。トイレの肘掛けや、立つ時に動かして楽に立つことができます。また、使わない時は邪魔にならない所に動かせるので他に使う家族の人にも邪魔になりません。

スロープ

スロープ
スロープ
 僕は、高齢者の方など、階段を使いにくいかたでも歩きやすいスロープを調べました。
階段だとつまずいて転んでしまったり、足が痛くなってしまったりするけど、スロープを使えば段差がないので、楽に、高い場所から降りられます。
スロープ
スロープ
これは、簡単に取り付けられるタイプのスロープです。上の写真のようにコンクリートで作る必要がないのでどんな家庭にもつける事ができます。

持ちやすい杖

四点杖
四点杖
 僕は、腕の力が弱い高齢者の方でも、持ちやすい杖を調べました。
その中でもお勧めなのが、四点杖です。四点杖は、一点で支える杖と比べて地面に着く場所が多いので転んだり、フラフラしたりすることが少なくなります。
カフ部分のある杖
カフ部分のある杖
これは、握り部分と、前腕で支えるカフ部分があり二箇所で体重を支えることができます。腕力が十分にない高齢者の方でも使えます。また、松葉杖のように、2本で使うことができます。

まとめ

このように、調べてみると高齢者の方のための工夫がたくさんあることがわかりました。
今までは、進んで福祉のことを調べたことがありませんでしたが、この調べ学習をきっかけに福祉の事に興味をもち、どうしたら高齢者にとってより良い暮らしになるかを考えながら生活したいと思いました。

2016/04/20